Navi

お役立ち情報のご案内ブログです。

多賀城市長選挙 開票結果2018 速報及び立候補者と当選者の情勢

スポンサーリンク

平成30年8月27日の任期満了によって、宮城県多賀城市長選挙が2018年8月5日に実施され、投開票の結果が明らかになります。

この記事では、多賀城市長選挙2018の当開票の結果を開票速報・開票結果としてまとめています。開票結果に至る政策、公約や情勢と共に、立候補者名簿一覧による当選者・落選者、定数、得票数、投票率などの情報を随時更新して速報でお知らせ。宮城県多賀城市(たがじょうし)長選挙2018を前に、期日前投票や投票日の日時・場所は投票所入場券にて要確認です。

→こちらに投開票の結果の第一報を記します。←

「多賀城市長選2018」の投開票結果の詳細は、目次の『多賀城市長選挙2018 投開票結果と立候補者の一覧名簿』をご覧下さい。

この記事では、多賀城市の今後の発展を占う、多賀城市長選挙2018の当選・落選の当開票結果と立候補者の情勢についてまとめています。

多賀城市長選挙2018の立候補者3名の訴え

2018年(平成30年)8月5日に投票日(即日開票)を迎える多賀城市長選挙に立候補しているのは、、いずれも無所属で、現職の菊地健次郎氏、新人の石塚昌志氏、新人の伊沢貞夫氏の3名です。

  1. 菊地 健次郎(きくち けんじろう)氏[無所属現職3期:71歳]
  2. 石塚 昌志(いしづか まさし)氏[無所属新人:64歳]
  3. 伊沢 貞夫<(いさわ さだお)氏[無所属新人:72歳]

現職市長の菊地健次郎氏は、前回2014年の多賀城市長選挙では、12,442票を獲得して当選しています。2位の中田氏の4,830票に大きく差を付けての当選でした。この多賀城市長選挙では、今回立候補している伊沢貞夫も参戦しており、1,284票獲得で3位落選となっています。今回、2018年の多賀城市長選挙で、自民・公明の推薦もある現職・菊地氏の有利という情勢の中、多賀城市長選挙は、東日本大震災からの復興政策や地域活性化策についての論戦の中、投票日を迎えようとしています。

菊地 健次郎(きくち けんじろう)氏(71歳・無所属:現職)の訴え

応援演説で、自民党の伊藤信太郎衆院議員や愛知治郎参院議員らが、市政の継続を呼び掛ける中、菊地氏は『市立図書館や多賀城政庁跡などを結び、文化度の高いまちづくりを進める』として、災害対策の強化も訴えています。

1947年1月26日、塩釜市生まれ。履歴:不動産会社勤務。塩釜青年会議所理事長。市議2期、県議3期。2006年の市長選で初当選。中大卒。|自民・公明が推薦。

石塚 昌志(いしづか まさし)氏(64歳・無所属:新人)の訴え

応援演説では、立憲民主党の鎌田さゆり宮城2区総支部長が、市政の刷新を訴える中、石塚氏は、『国土交通省や名取市副市長での経験を基に、市民と共に悠久のまち多賀城をつくる』と力を込め、強い財政基盤に支えられた活力のあるまちの実現への理解を訴えています。

1954年4月12日、長野県松本市生まれ。履歴:80年建設省(現国土交通省)入り。14年から4年間、名取市副市長を務める。東北大大学院工学研究科修了。

伊沢 貞夫<(いさわ さだお)氏(72歳・無所属:新人)の訴え

復興支援の継続、女性や高齢者の力を生かしたまちづくりに触れ『市民の力を結集し、元気で夢のある多賀城を実現しよう』と述べると共に、若者にも魅力があり、雇用を生む道の駅整備による10万都市構想について訴えています。

1946年2月12日、多賀城市生まれ。履歴:国鉄勤務を経て、不動産建設会社を経営。市消防団分団長。06年から市議を1期務めた。塩釜高卒。

多賀城市長選挙2018の当開票結果一覧(立候補者一覧及び当選者名簿)

まずは、多賀城市長選挙2018の投開票に関する実施概要を確認します。

多賀城市長選挙は2018年8月5日に投開票を実施

自らの投票についてはまず、投票所入場券の内容を良く確認しましょう。

【告示日】

平成30年7月29日

【期日前投票期間】

平成30年7月30日から8月4日

【投票日及び開票日】

平成30年8月5日

【投票時間】

午前7時から午後8時まで(鳴子温泉地域の投票所は午後6時まで)。

【投票場所】

市内19の投票所。

【開票場所・時間】

即日開票。

【有権者数(人)】

52131人(男:ーー・女:ーー)

※ 平成30年7月28日現在。

【投票率(%)】

投票結果待機中。

【執行理由】

任期満了

【定数/候補者数】

1/3

詳細はこちら⇒ 多賀城市/多賀城市長選挙および市議会議員補欠選挙

多賀城市長選挙2018 投開票結果と立候補者の一覧名簿

今回、2018年8月5日投票の多賀城市長選挙の「全立候補者一覧名簿」は以下のとおりです。

多賀城市長選挙(2018年8月5日投票結果)
告示日:2018年7月29日
投票日:2018年8月5日
有権者数(人):52131
投票率(%):投票結果待機中
執行理由:任期満了
定数/候補者数:1/3

多賀城市長選挙(2018年8月5日投票)
【告示後:届出順|結果判明後:得票数順 にて表記】
結果は下段に追記

no 結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1     菊地 健次郎
きくち けんじろう
71 無所属
2     石塚 昌志
いしづか まさし
64 無所属
3     伊沢 貞夫
いさわ さだお
72 無所属
▼有権者数:50,859人|投票率:37.82%▼
no 結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1 11384 菊地 健次郎
きくち けんじろう
71 無所属
2   6569 石塚 昌志
いしづか まさし
64 無所属
3   1018 伊沢 貞夫
いさわ さだお
72 無所属

多賀城市長選2014の投開票の結果一覧名簿

前回2014年の市長選の投開票の結果(当選・落選)一覧は以下のとおりでした。

多賀城市長選挙(2014年8月3日投票)の投開票結果

no 結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1 12442 菊地 健次郎
きくち けんじろう
67 無所属(自民・公明推薦)
2   4830 中田 定行
なかだ さだゆき
65 無所属(共産推薦)
3   1284 伊沢 貞夫
いさわ さだお
68 無所属

多賀城市長選挙2018の当開票の結果と開票数・投票率について

多賀城市長選2018の当開票結果の詳細については、投票日当日の結果を受けて随時更新致します。

また、多賀城市長選挙2018の投開票の結果を受けて、真新しい事実や立候補者のその後についての情報があれば、ここでご紹介致します。

多賀城市長選挙2018と同日に実施される選挙

多賀城市長選挙(2018年実施)と同じ日に実施される他の主要な選挙は以下のとおりです。

  1. 長野県知事選挙 開票結果2018の速報と当落の要因(情勢)
  2. 小矢部市議会議員選挙 投開票の結果2018 速報一覧と立候補者・当選者の情勢
  3. 多賀城市長選挙 開票結果2018の速報と当落の要因(情勢)
  4. 大阪市議会議員補欠選挙(鶴見区) 投開票の結果2018 速報一覧と立候補者・当選者の情勢
  5. 多賀城市議会議員補欠選挙 投開票の結果2018 速報一覧と立候補者・当選者の情勢

Navi

多賀城市長選挙の選挙結果の向上と選挙日程の周知徹底

通常の任期満了に伴う多賀城市長選挙は、和歌山市の市長候補者が告示届出で立候補を完了した後、和歌山市民の投票による選挙を実施。これによって新たな市長が選出されることになります。また、市長の死去や辞職による任期満了によるものではない場合、定数を満たす人数(1名)の市長を立候補者の中から選出します。なお、立候補者の人数が議席定数(1名)と同数となった時は、多賀城市長選挙では投票が行われることはなく、立候補した人が和歌山市長として当選扱いとなります。

多賀城市長選挙の施行には、最終的な目的があります。それは、言うまでもなく、その選挙結果を明らかにすることです。市長の定数(1名)を上まわる立候補者の中から誰が当選するか?その当選結果こそが有権者の、そして投票した人の最大の関心事であることは言うまでもありません。

このような背景からするに、選挙における重要事項は必然的に選挙日程となってきます。多賀城市長選挙の結果を判明させる『投票日』はいつか?投票日前の期日前投票の期間はどうか?また、それらが行われる時間帯はどうなっているか?投票所(投票する場所)はどこか?という具体的な事項です。

このことから、選挙日程の周知徹底こそは、多賀城市長選挙の結果にとって必要不可欠のものと言えます。また、多賀城市(多賀城市の選挙管理委員会)にあっては、選挙日程と共にその選挙に関係する必要な情報を市民に開示し提供することで、一人でも多くの有権者が投票出来るように促しています。

選挙管理員会で、投票日や投票時間などの選挙日程とは別に開示し提供している事項には、概ね以下のようなものがあります。

  • 投票できる人の条件
  • 投票所入場券の配布と扱い
  • 投票方法の説明
  • 選挙公報の配布や開示
  • 投票場所の説明
  • 投票速報・開票速報の配信

様々な投票方法の説明

  • 期日前投票の説明
  • 不在者投票の説明

不在者投票の実施パターンには、病院等で実施、郵便等で実施、代理投票・点字投票による実施のそれぞれについて説明しています。

多賀城市/多賀城市長選挙および市議会議員補欠選挙

以上、様々な角度から投票行為に関する周知徹底を行うことで、民意がより反映されて高い投票率の選挙になり、より良い多賀城市長選挙の結果が得られるよう配慮をしています。

多賀城市長選挙の結果の参考となる資料

<p>多賀城市長選挙の結果などに対する過去の参考資料などをまとめています。</p>

多賀城市長選と多賀城市議補選が同日に投開票

毎日新聞地方版では会員限定有料記事において、2018年7月19日付けで、多賀城市長選と多賀城市議補選が同日(2018年8月5日)に投開票が実施される旨を報じています。

選挙:多賀城市長選/多賀城市議補選 同日に投開票 市選管 /宮城 - 毎日新聞

多賀城市長選と多賀城市議補選が告示 市長選は現新三つどもえで市議補選は2新人

毎日新聞の会員限定有料記事では、2018年7月30日付けで、『任期満了に伴う多賀城市長選が29日告示され、いずれも無所属で、4選を目指す現職の菊地健次郎氏(71)=自民、公明推薦▽元名取市副市長で新人の石塚昌志氏(64)▽元市議で新人の伊沢貞夫氏(72)の3人が立候補した(引用)』旨の記事を配信しています。多賀城市長選挙2018と多賀城市議会議員補欠選挙が告示を迎え、市長選挙は現職。新人の三つどもえ戦に。また。市議会議員補欠選挙は2新人の選挙戦となるという内容です。

選挙:多賀城市長選/多賀城市議補選 告示 市長選、現新三つどもえ 市議補選、2新人 /宮城 - 毎日新聞

多賀城市における選挙の結果

多賀城市では、2018年3月9日付けで、多賀城市で実施された以下の選挙についての投開票結果を公表しています。

  • 国の選挙
  • 宮城県の選挙
  • 多賀城市の選挙

多賀城市/選挙の結果

多賀城市長選挙での自由民主党推薦候補決定|菊地健次郎(きくちけんじろう)

自由民主党宮城県連では、2018年07月02日付けで、『7月2日、自由民主党宮城県連(会長 愛知治郎)は、持ち回りの執行部会、常任役員会、選対委員会、総務会を開催し協議した結果、7月29日告示、8月5日投開票の多賀城市長選挙において、推薦候補を下記の通り決定いたしましたのでお知らせします(引用)』とし、推薦候補者・菊地 健次郎氏を紹介したいます。

多賀城市長選挙 自由民主党推薦候補決定について -菊地 健次郎 (きくち けんじろう) 氏- (お知らせ) | 自由民主党 宮城県支部連合会